人幹細胞培養液って何?(前半)

わたくしがユーチューバーとして説明している育毛動画は観ていただけましたかね?LINEの一番下にありますので気になる方は一度ご覧下さいm(_ _)m

その中で出てくる「人幹細胞培養液」。美容のアンテナの高い方は既にこれが入った化粧水や美容液をお使いかも知れません。まつ毛育毛メニューでも活躍しています。

植物幹細胞1、動物幹細胞(プラセンタ)20、人幹細胞培養液500。 

この数の違いは何でしょう?

答えは入っているタンパク質(リガント)の種類の数です。人幹細胞培養液には保湿に優れたコラーゲンやヒアルロン酸、情報伝達成分であるサイトカイン、さまざまな成長因子のグロースファクター、浸透性に優れたエクソソームなど、多種多様なタンパク質が500種類も入っています!

そのたくさんのリガントが、肌や頭皮の細胞のレセプター(鍵穴)にハマることで細胞のターンオーバーが促進され、細胞の若返りが期待できます!(過大広告になってはいけないので控えめな表現です)

しかも副作用は無く安全性がかなり高いです!幹細胞自体は入っていないので倫理的にも全く問題無し!

新しい物が出るからと言われてお待ちくださっていた方々、遂に育毛の師匠の鳥山さんから報告があり、仕入れました!

以前の人幹細胞培養液100%に更にエクソソームの濃度を高めてあるようです!

ということは更に浸透性が増して細胞にアプローチしやすいと言えます。ただ一つだけ使いにくい点があります。

粘性が高いので、今までの培養液に比べてドロっとしているんです。ですので自分はバランスAローションに培養液を3%混ぜて、更にリッチな全身用の化粧水にして頭皮と顔につける物と、培養液にバランスAローションを10%入れて育毛剤として頭皮につける物を用意して、目的に応じて作り分けております!

毛髪診断の結果で、栄養不足と診断された方は使ったほうが良いです!培養液の効果の中に、ゴースト血管に再び血液を流す効果も期待できるので、細胞が更に活性化できます。

ただ正直少々お値段は高いです。次回にその辺の情報をお伝えしますね。長くなるので。

気になる方はネットで人幹細胞培養液100%と検索をかけていただくと、おおよその相場が見えると思いますのであらかじめ市場をリサーチしてみて下さい!

おわり。

タイトルとURLをコピーしました